ここのところ恋人を作るという事が必要なくなっています。
もともと女性と付き合うことが面倒だと感じていた自分にとって見ると、セックスだけで気軽に関係を持つことができる相手が欲しいと思っていました。
今はインターネットを使うことでセフレを作ることも容易にできる時代となっている事から、自分もセックスだけで関係を持つことができる女性を求めていました。
実際に出会い系サイトを利用すれば、このような関係を作ることは可能でありますから、性的な部分の満足感はしっかりと得ることが出来ていました。
しかし、幾らセフレ希望している女性たちが多くいると言うことでも、自分がどうしたもセックスがしたい状況のときにすぐに見つかるといったほど簡単なものではありません。
入れ食い状態と言うのは、あれは宣伝文句であり、実情といえばセフレを探すにもそれなりに時間が必要です。
もっと効率の良い方法はないものかという気持ちがありました。
そのことを考えてる時に知ったのが“神待ち”という存在でした。
それは一体何なのか?分らない方もいるかもしれません。
これは家出をしたりと何だかの理由で食事を食べることが出来なかったり、泊まるところを見つける事が出来ない女性が助けを求めている事をいいます。
はじめて神待ちという言葉を聞いたとき、最初は何のことだかさっぱり分りませんでした。
精神的に疲れてしまっている人が、救済を求めるために宗教でも始めることじゃないかと思ってしまったぐらいなのです。
よくよく調べると、助けてあげれば肉体関係が簡単に作れるというのです。
食事を食べさせてあげるだけでもセックスまで持っていく事が可能と言うことを聞いたとき、最初は信じられませんでした。
これも結局は宣伝文句に過ぎないのではないが、そう思ってしまったのです。
しかし、そんなに簡単に関係を持つことができるのが男としては美味しい思いができてしまうのですから、一度挑戦しても良いかもしれないと考えました。

半信半疑で始めた神待ちとの出会い、しかしその効率の良さには驚くばかりだったのです。
セフレよりも遥かに早い段階での待ち合わせ、簡単にアポが取れてしまうのですから、これほどのものだったのかって感じでした。
神待ちという存在を経験してからと言うもの、セフレ探しを辞めてしまい今ではこちら一本で出会いを探しています。
自分の性の玩具にすることができる神待ちは最高のセックス相手となってくれています。

 

 デートって言うのが自分では本当に面倒くさいものであり、恋人を作らなくなってから随分と年月が経っています。
ただセックスだけはしたいから、肉体を提供してくれる相手探しをしていたのですが、セフレよりも効率よく関係を持てるものがあるなんて全く知りませんでした。
これを知ってからと言うもの、自分の性生活は以前にも増し充実したものとなっていっています。

 

 

筆者プロフィール:
名前:兼斗
性別:男性
年齢:27歳

 

一人暮らしの寂しさを埋めるために始めたのは、神待ち探しでした。
今では家出女性を宿泊させて、自分の好きなようにして性的な快楽を味わっています。
神待ちというのは大変に相手を見つけやすいことから、自分のライフワークのようになっています。