前回と同様に某駅前で助けを求めている女性と待ち合わせすることになったのですが、今回は年齢は確実にクリアすることが出来ていました。
ちょっとギャル系な雰囲気を持ったサヤカ、正直顔をかなり可愛いしスタイルだってスレンダーでスラリとした感じが素晴らしかったのです。
「今夜泊まらせてくれる?」
「そのつもりで来たよ」
簡単な挨拶と軽い立ち話の後、自分の住んでいるワンルームマンションに彼女を連れて帰ることが出来たのです。
神待ちはお持ち帰りが簡単、それを実践することが出来たことからも自分のテンションは上がりっ放しになっていました。
「シャワーしたい」
「いいよ、ゆっくり入ってきな」
途中で食料とともに下着も買ってあげて、彼女をリラックスさせるために風呂に入れてやったのです。
自分の服を貸してやり、ここのところ洗濯していない彼女の服を洗濯機に叩き込んでいました。
風呂上りには、一緒に食事を食べてお喋りを楽しんでいく事も出来、セフレでは味わえないようなちょっとしたプチ恋人気分と言ったものも噛みしめていく事が出来ました。
本当にセックスしても大丈夫なのか?という心配もありましたけれど、彼女全然自分が求めても嫌がることをしませんでした。
若い肉体を食べることがこれほどまでに容易に出来てしまうなんて言うことで、驚きと興奮で入り混じった気持ちになっていました。
夜は一つのベッドで寝たのですが、「やっぱりね家出って不安な気持ちになるから、人肌恋しくなっちゃって」そのことを言っていました。
なるほど神待ちがセックスをしやすいと言うのは、あの辺に理由があるんだなと納得することが出来たのです。
利用するサイトさえ間違えなければ、確実に相手を見つける事が可能であり、即会出来て即ハメも可能、それが神待ちという事が分りました。